© 火鉢・七輪・火の道具・木酢液などの通販|どんぐり商店街 All rights reserved.

ひばこ 火鉢

オリジナル火鉢「ひばこ」

新しい火鉢のかたちを提案します!

Hibanaオリジナルの木の火鉢。現代の私たちの暮らしにしっくりなじむ火鉢がほしい!という願いを京都の家具工房「ワシタカ工藝」さんが実現してくれました。京都産の杉材を使った木目の美しいありそうでなかったシンプルな火鉢です。杉の素朴な色味をそのまま活かした「むく(無垢)」、柿渋ベースの天然塗料で着色した「しぶ」の2種類をご用意しました。灰を入れる部分は銅板の箱を重ね、未使用時にホコリが入らないように専用の蓋がセットになっています。

 ひばこ(むく) 53,000円税込)
 
 ひばこ(しぶ) 57,000円税込)
ひばこ 火鉢

ご購入後すぐに使える「ひばこスターターセット」。

灰・炭・火熾し器・ミニ火ばさみのセットです。

6,000円(税込)

「ひばこ」の自慢

★ 持ち運べる火鉢

取っ手が付いて持ち運びがスムーズです。お部屋のなかではもちろん、アウトドアにも一緒に連れて行けます。

コンパクトなサイズ

使い勝手のよい小ぶりなサイズ。一人暮らしの住まいにもなじむし、卓上に置いても様になる大きさです。

★ 杉の素材が魅力

スギ材のシンプルでやさしい素材感が魅力です。マンションのような現代の住まいにも違和感なく使えます。

ひばこ
ひばこ

「ひばこ」使い方

1:セッティング 
「ひばこ」の中に灰を入れましょう。量の目安は最上部より5センチ程度下まで。灰が断熱してくれるので、底が熱くなることはありません。

2:炭に火をつける
火熾し器に炭を入れてガス火にかけるのが一番手軽な方法です。炭に火がついたら灰の上に2、3個並べます。

3:炭火をたのしむ
五徳をセットしてやかんを沸かす、網を置いて食材をあぶる、おなべを乗せてコトコト煮込み料理、など。火箸で炭を動かしながら火加減を調整したり、炭を足したり、そんなちょっとした火遊びも楽しみのうち。

4:火を消す
昔は、夜に灰をかぶせて炭を埋めておき翌朝の種火に使っていました。炭火を完全に消すためには火消し壷が安全です。壷の中で「消し炭」となった炭は次回の着火がスムーズです。

 

注意
※使用時は必ず取っ手を下げて使ってください。
※フタは使用直後には閉めないでください。灰が完全に冷めるまで待ってからお閉めください。

 

●換気について●
火鉢を使うときの注意点として換気です。炭からは一酸化炭素が出ているため、密閉した部屋で長時間使用すると頭痛がしたり気分が悪くなったりします。換気は1時間に2、3度5分程度必要と言われますが、家の気密性や燃やす炭の量によるかと思います。その数字を目安にしながら「空気がよどんできたなぁ」という体感で調整していくのがいいかと思います。窓を開ければ新鮮な空気が送られ炭もよく燃えてくれます。就寝時に炭火を埋めた火鉢を近くに置くことはお避けください。

コンロを使った炭の着火方法

火鉢のある暮らしのススメ

どんぐり商店街を運営するHibana(ヒバナ)では、これまでずっと「火のある暮らし」を提案してきました。薪や炭、木質ペレットなどの身近な山の木からできたエネルギー「火」を生活の中で活かすことです。一番手軽に扱える炭は七輪や火鉢で使うことができます。Hibanaの実店舗では秋口から火鉢の出番がやってきます。ちょっと肌寒いけど暖房をつける程ではないという気候のとき、火鉢に炭を2、3個入れるだけで部屋がほんのりあたたかくなります。からだにやさしいぬくもりです。五徳にやかんを乗せてお茶を沸かします。来客があったときは火鉢を囲んでお茶を出すと、なんともいえず時間がゆったり流れてお客さんとの会話が弾みます。時おりパチパチと炭火がはぜる音も心地よく響きます。火鉢を暮らしに取り入れることは、それ程ハードルの高いことではありません。家に帰ったら、テレビを付けるかわりに炭火の番をしながら晩酌や会話を楽しみませんか。もっと気軽に、火のある暮らしを。

ひばこ

生産者のご紹介

ワシタカ工藝

ワシタカ工藝 森 年弘さん
京都市の北部に位置する鷹峯という場所で、地元京都産の杉とひのきを使った家具を作る工房。家具材には杉、ひのきなどの針葉樹が使用されることはあまりありません。森さんは家具作りの修行時代、目の前の山には杉、ひのきがいっぱい植わっているのに、日々の製作で用いる材は他国から輸入されたものであることに違和感を抱いたことから、身近にたくさんある資源を活かしたいという想いで杉やひのきの家具を作り始められます。同時に、身近な山のことをもっと知りたいと、森づくりや山仕事のお手伝いをする活動もしておられます。ワシタカ工藝のビジョンは「身近にたくさん植わる杉、ひのきを生活の中でどんどん使って、空いたスペースに色んな樹を植える」こと。今後も家具を作ることと山へ入ることを続けていかれます。
■ワシタカ工藝 http://washitaka.com

ワシタカ工藝
ワシタカ工藝
ワシタカ工藝
ワシタカ工藝
ひばこ 火鉢
ひばこ
販売価格 むく(無垢)53,000円/しぶ 57,000円(税込)
サイズ 幅25×高さ21.5(取っ手まで39)×奥行25(cm)
生産者 ワシタカ工藝(京都市北区鷹峰)

支払方法:クレジットカード決済・コンビニ・Pay-easy決済
■こちらの商品は送料は無料になります。

関連記事

hahaso

hahasoの火鉢

能登発 炭一本の小さな火鉢 たった一本のクヌギ炭から生まれる火を、一番うつくしく見せてくれる火鉢です。ただじっと見ているだけでも、手…

どんぐり商店街へようこそ

ごあいさつ どんぐり商店街は、里山の木を使って「作るひと」とその商品を「使うひと」を結ぶためのショッピングサイトです。豊かな山に恵まれ…

美山の木酢液

20182/27

美山の木酢液(もくさくえき)

暮らしに万能!山の恵み 虫除けから入浴剤まで万能な働きをしてくれる天然由来・手作りの木酢液。炭を焼く時に窯から出た煙が自然に冷やされて…

ペレット

20182/26

京都ペレット(量り売り販売)

あたらしいエネルギーのかたち 京都の木から生まれた木質ペレット 京都市内の森林から誕生した100%京都産の木質ペレットです。木の粉を円…

20182/22

hahasoの菊炭

能登の炭焼き職人が手仕事で焼く菊炭 菊炭とは炭の切り口がお花のように美しく見えることから名づけられたクヌギの炭。主にお茶席で利用されま…

ページ上部へ戻る